12月の短歌〜題詠「鍋」

118

12月の短歌教室より。題詠は「鍋」。

今年は友人のお誘いで短歌を始めました。31文字で表現する短歌の難しさに四苦八苦しながらも、その魅力にハマりつつある私です(^^)。

カラフルに並ぶ各地の鍋スープ旅行気分も共に楽しむ

割れ鍋に綴じ蓋夫婦ありがたし波乱乗り越え三十八年

息子(こ)が家を出る日近づきひと回り小さい鍋を選ぶ年の瀬

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。