山花映水紅@禅語の意味

323

今日書いた禅語。「山花映水紅(さんかみずにえいじてくれないたり)」

意味は

山の花が水面全体に映って、紅に染まっている。その景色の美しさは、山花と水との絶妙な関係性の上に成り立っている。自分を成り立たせてくれている人たちに感謝する。

『禅ごよみ365日』枡野俊明著(誠文堂新光社)

だそうです。

今日は、手漉きの和紙葉書に、リズムに乗って自由に書いてみました(^^)。

物事がうまくいっている時も、大変な困難がある時も、心に留めておきたい言葉ですね(^^)。

◆書・ペン字 ギャラリーへのリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。