坐一走七@禅語の意味

386

今日の禅語「坐一走七(いちにざしてしちにはしる)」

意味は

七回走ったら、一回座る。走りっ放しでは、自分を見失ってしまう。時に座って、自分の内を見直すことが大切。休む勇気が、人生を充実させる。七回走ったら、一回座る。走りっ放しでは、自分を見失ってしまう。時に座って、自分の内を見直すことが大切。休む勇気が、人生を充実させる。

禅ごよみ365日、枡野俊明著

だそうです。

今回は万年筆で濃いブルー🖌のインクで書いてみました。

元気な時は、とかくスケジュールが一杯になってしまい、それはそれで充実感があるけれど、積極的に休む事ができなかったり…。

そして病気をすると、自分と向き合う時間の大切さに気付かされる事も多いです。

“休む勇気が人生を充実させる”という事を最近、ようやく実感できるようになってきました(^^)。

◆書・ペン字 ギャラリーへのリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。