線維筋痛症のこと

79

療養の事を少し書きますね(^^)。

繊維筋痛症という病気は、原因不明で治療法も確立していないので、お医者さんと二人三脚でいろいろと試行錯誤しながらやっていくしかありません。

患者さんの中には、症状が改善しないために病院を何度も変えながら何年も苦しんでいるケースが多いと知り、私は”自律神経を整えて免疫力の向上を目指す”今のクリニックに通うことにしました。

副作用の強い薬は使わず、湯たんぽやお灸で身体を温め、睡眠や栄養をしっかりとり、規則正しい生活を送る、という極めて当たり前の事を地道にやるものです。

最初にお医者さんから言われたのは「この病気は医者任せでなく”自分で治す”と思わないとダメだよ。クリニックにくる時間は限られてるからそれ以外の時間をどう過ごすかが大切」という事。

そう言われた事が、今思えば本当に良かった♫

痛みの場所や程度は日によって変わるし、自分の身体の事(身体の中の感覚)は自分しかわからないので、身体の声を聞きながら、自分で毎日の治療を調整していくしかありません。

でも、そのおかげで、自分の身体の声を聞く事が少し上手になった気がします(^^)。

忙しい頃は、それはそれで充実した日々でしたが、慢性的な寝不足だったし身体の声を聞くのが下手だったかも(^^;;

他にも病気のおかげで気付いた事、できた事が意外にたくさんあります〜♫

「病気はチャンス」

療養中の私を支えてくれた言葉です(^^)。強い痛みが続いて先が見えなかった苦しい時も、良くなってきた今も♫

◆療養の記録  線維筋痛症からの回復のためにやった事〜(1)重症化してから回復の手応えをつかむまで(1〜6ヶ月位)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。