短冊を書かせて頂きました(^^)

41

熱海の友人宅でのお茶会「青葉の宴」にて、お茶室へ向かう途中に飾る掛け軸の短冊を、書かせて頂きました(^^)。

朝風に露とちりくる一聲はかをる端山のやまほととぎす

歌の作者は大田垣蓮月(江戸末期から明治初期の歌人・京都女流歌人の代表)。

短冊の左には、小森遊雪による翡翠(カワセミ)の画、右は棟方志功の版画。並べて飾って頂いてとても光栄でした(^^)。

◆お茶会「青葉の宴」についてはこちら

◆書・ペン字 ギャラリーへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。