渋沢栄一の思想のキーワード「忠恕」を書いてみました

680

渋沢栄一の思想のキーワードとして挙げられていた”忠恕”という言葉を書いてみました。

忠恕(ちゅうじょ)とはどう云う意味かと云えば、忠とは真直ぐな事である、邪な処がない事である。恕とは思ひやりの深い事である。

1930年8月5日 「社会人として時勢を洞察せよ」[竜門雑誌503号]

言葉のイメージから、どっしりと懐の深い太い字で書こうと思いました。なかなか難しいですね(^^;; 太字の筆ペンを使っています。

◆書・ペン字 ギャラリーへのリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。