福祉機器展2020はWeb開催

24

今年の福祉機器展はWebで年末までの開催になったのですね。

昨年は行けませんでしたが、それまでは東京ビッグサイトの展示会やセミナーに毎年足を運んでいました。

繊維筋痛症で杖を使う経験をして、杖一つとっても、症状や治療の段階で、使い方というか、頼り方が違うことがよく分かりました。

支援機器は、メガネと同じように自分の相棒ですね(^^)。

Web開催だと、遠くに住んでいる人も情報を得られるし、また長い期間やっているとじっくり検討もできるので良いですね♫

I see that this year’s Home Care & Rehabilitation Equipment exhibition will be held on the web until the end of the year.


I wasn’t able to go last year, but before that I used to go to the exhibition and seminars at Tokyo Big Sight every year.


Having experienced the use of a cane for fibromyalgia, I realized that even a single cane has different uses or reliance depending on the symptoms and stage of treatment.


Assistive devices are our partner, just like our glasses (^^).


Web exhibition is good because people who live far away can get information and also take their time to consider.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。