ホテル療養中に作った短歌を、連作でご紹介

21

ホテル療養から退所、自宅に戻りました(^^)。

療養の部屋は写真のように窓が細く、目の前もホテルの建物で空が見えませんでした。久しぶりに見る今日の空は、台風の影響なのか雲が多いですね(^^)。

ホテル療養は家族にうつす心配がなく、私自身も療養に専念できて良かったかな。頭痛や倦怠感など、まだ少しだけ残っているのでしばらくは気をつけて過ごしたいと思います。

ホテル療養中に作った短歌を連作でご紹介します。タクシー(感染者を乗せる専用車)でホテルに着いた初日から退所の今日まで、時系列で♫

◆ホテルでの療養

タクシーの会話なごやか療養の不安も徐々にやわらいでゆく

療養の部屋は家族の音なくてLINEが人の気配伝えし

弁当の受け取りで会う人たちと目を合わせずに伏せ目で会釈

食欲があるありがたさ快復を願いて完食太るも気にせず

通常は夜活躍の部屋たちが昼間もフルに活動しており

気がつけば運動不足部屋内の六メートルを何度も歩く

七日間天気感じぬ部屋を出て陽射しの中で深呼吸する

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。