春の書「河は遊んでいるやうに流れている春」千家元麿

30

春ですね~(^^)。ということで、春の書を一つ。

千家元麿の詩で「河は遊んでいるやうに流れている春」。

これを書いたのは10年以上前なのですが、自分では気に入っている作品の一つです。

◆書・ペン字 ギャラリーへのリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。