花弄香満衣@禅語の意味

495

最近ハマってる禅語(^^)。

「花弄香満衣(はなろうすれば、かおりころもにみつ)」を花の便箋に書いてみました。

意味は、

花を摘んでいればいつのまにか、その香りが衣に移る。よい師についていれば、知らぬうちにその立ち居ふるまいが自分の身につく。”まね”は”本物”への一歩

との事。

半年前、ちょっと頑張って、毎日一曲メロディとコードの耳コピを100曲、100日間かけてやったのですが、作曲や演奏にとても良い勉強になったと感じます♫

最近は、ちょっとサボり気味なので(^^;;、この言葉を自戒を込めて書いてみました〜♫

これからお花🌸が楽しめる季節なので、花という字に惹かれた、という事もありますが(^^)。

それにしても、禅語は大切な事をわかりやすく伝えてくれますね〜♫

◆書・ペン字 ギャラリーへのリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。