書作品〜キース・ジャレットの言葉

40

写真データを整理していたら、随分前(25年位前!(^^;;)に書いて展覧会に出品した写真が出てきました。

キース・ジャレットの言葉を、短くて太い筆で書いています。今見ると未熟で恥ずかしいし、思うところはいろいろありますが(^^;;、

120cm✖️120cm位の厚手の紙で、大きい字は人の頭くらいの大きさ。

書いた言葉は、今も、いいなぁと思います♫

「大切なのは、何か重要な音楽に出会うことができるかどうかではなくて、その弾いている全てで何をしているかということだ。演奏したいものが聴こえてくる。つまりきみは、この欲望を経験するわけだ。そしてこの欲望は獰猛でなければならない。そもそも、世界が深く眠った状態にあるから、その中でいわゆる強烈な状態でいることはますます孤独でつらいことだ。キース・ジャレット」

◆書・ペン字 ギャラリーへのリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。