黒塀横丁の文字

12

こんな楷書を書いてみたい!と思わせる魅力的な楷書です。

黒と塀の中にある点は、一つひとつ表情があり微笑ましい。

接筆が緩い(線が接する所が離れている)ですが、筆の入り方もさまざまにニュアンスが異なり楽しめます。

何気無く書かれたように見えますが、隅々まで神経が行き届いていて素敵です(^^)。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。